このサイトにはプロモーションが含まれます

登園拒否はいつまでつづく?愛情不足じゃない理由と登園しぶりへの対処法

子育ての悩み

子どもが幼稚園や保育園に行かないと言い出すと、あせりますよね。
「ほかの子はたのしそうに行っているのに」と思うほどあせってしまい、ママは不安になるでしょう。

わが家の次女も登園拒否がありました。
昨日は登園できたのに今日は泣く娘に、いつ登園拒否が終わるのか分からず心配でした。

ですので、登園拒否の子との毎朝のバトルはいつまで続くんだろう…と、先が見えなくてあせるママの気持ちがよくわかります!

フミカ
フミカ

毎日泣いていた次女も、今は笑顔で登園できる日がふえてきました。

今回は子どもの登園拒否に悩んでいる方に、次女の登園しぶりエピソードと現在の様子をふくめて、

  • 満三歳児・年少さんが登園拒否をする理由
  • 年中さん・年長さんが登園拒否をする理由
  • 登園拒否への対処法
  • 休ませるか悩むときの考え方

について、お伝えしたいと思います。

泣きじゃくる子を登園させるか休ませるか悩んだら、こちらの記事もお読みください。

登園拒否はいつまでつづくの?

年少さんの登園拒否は、集団生活になれるころに落ち着きます。

年中さん・年長さんの登園拒否は、イヤ・苦手なことが解決したら落ち着きます。

「まだ小さい子どもだし、泣くのもしかたない」と思う親心がある反面、やっぱり笑顔で登園する姿がみたいものです。

満3歳児(年々少ら年長さんまでの、それぞれの様子をくわしくみていきましょう。

満3歳児さん・年少さんの登園拒否

満3歳児さん・年少さんの登園拒否は、「集団生活」になれる5月ごろに落ち着きやすいです。

幼稚園の場合、長い時間ママと離れるのが初めてな子も多いですよね。

保育園の在園期間が長い子でも、3歳児さんはまだまだママと一緒にいたい時期。

慣れない環境・ママに会えない寂しさが、登園拒否という形であらわれやすいのです。

登園拒否がおちつくタイミング
  • 園で過ごす一日のながれ(帰るまでの見通し)がわかる
  • クラスの先生やお友だちと過ごすのを楽しめる

登園してから帰るまでのながれが理解できるよう、手助けをしてあげましょう。

年中さん・年長さんの登園拒否

年中さん・年長さんは、イヤなことが解決すれば登園できるようになるでしょう。

年中さんや年長さんになるころには、園生活に馴染み、お友だちと一緒に遊ぶことがふえてきます。

そして、年少さんに「おにいさん・おねえさんらしく」みせたい気持ちも芽生えるようです。

子どもが成長している分、悩みもふえてきます。

登園拒否のキッカケとしては

  • 園生活で苦手なことがある
    (発表会や運動会など)
  • お友だちとケンカやトラブルがあった

などが多いです。

登園拒否が落ち着くタイミング
  • 苦手な行事や活動がおわったとき
  • 友人関係のトラブルが解決したとき
  • リフレッシュができたとき

子どもの様子を観察したり「どうしたの?」と聞いたりして、悩みの原因を見つけてあげられるといいですね。

次女の登園拒否から解決までの流れ

次女は、満3歳児で入園した直後と年少の4~5月ごろに登園拒否がありました。
次女の登園拒否が解決するまでの様子をお伝えしますね。

満3歳のとき

満3歳児で入園したときの登園拒否は、入園~夏休み前まで続きました。

制服は着たくないと拒否されたので、1ヶ月ほど体操服で登園することに。

寝る前から「あしたはいかない」「あしたおやすみ?」と言い、朝は泣きじゃくって家のどこかにかくれる日々でした。

なんとか登園しても、園でシクシクと泣いて過ごし、お迎えの直前にやっと泣き止むような日も多かったです。

特定のよく遊ぶおともだちができてから、園に笑顔で通えるようになりました。

フミカ
フミカ

娘と遊んでくれたお友だちのおかげです。

年少のとき

進級をキッカケに、年少になってからも5月のなかばまで登園拒否がありました。

なかよしのお友だちは年中になり、大好きな担任の先生もかわってしまったのが原因です。
さみしくて心細かったのでしょう。

今は同じクラスになかよしの友だちができたので、幼稚園が楽しいようです。

毎日泣かずに通えています。

フミカ
フミカ

『今日も泣かずに幼稚園へ行けるかな』
という心配は今もつづいています。

離れるときに泣くのは親子関係が良好だから

幼稚園に行きたくないときや、なんとか幼稚園についてバイバイをするとき。

大声で「いやー!」といわれたり泣かれたりする子をみると、ママもツラいですよね。

『愛情がたりてないのかな…』と心配になることがあるかもしれません。

けれども、ママとはなれるときに泣くのは親子関係(愛着)がしっかりとできているから!

ママといるのが大好きで安心だからこそ、はなれるときに泣くのです。

教育評論家の尾木ママもこのように言っています。

ママとのお別れが悲しくて泣くのは、親子の愛着形成がうまくいっている証拠。
子どものママへの愛着が育っているから、泣くんです。むしろ誇らしいと思っていい。

引用:ダ・ヴィンチweb

子どもに泣かれると胸がしめつけられますよね。

けれども「成長の証」と思えば、すこし安心できて嬉しい気持ちにもなりませんか。

なにがイヤなの?登園拒否の原因

登園拒否がはじまるキッカケとして、以下のようなことが考えられます。

  • 体調不良やケガ
  • ママと離れる寂しさ
  • 新しい環境になじめない
    (入園直後に多い)
  • 園でイヤ・苦手なことがある
    (友だちとのケンカやトラブル、発表会や運動会の練習など)
  • 家庭環境に変化があった
    (ママの妊娠、赤ちゃんがうまれた、家族の入院など)

子どもはまわりのことをよく見ています。
大人にはたいしたことではなくても、子どもにとっては一大事なことも。

とくに、あたらしい環境のはじまりや家庭環境の変化はとまどいやすいです。

これからお伝えする対処法を参考にしながら、子どもによりそってあげましょう。

登園拒否をする子への5つの対処法

子どもが登園をイヤがったときの関わり方を、6つご紹介します。

順番に確認してみてください。

5つの対処法
  • 具合が悪くないか確認
  • 「いきたくないこともあるよね」と共感する
  • イヤな理由を子どもに聞く
  • 先生に園での様子を聞く
  • たのしみを用意する
  • ママに余裕があれば休ませてもいい

これからひとつずつ、くわしい関わり方についてお伝えしますね。

対処法①具合が悪くないかを確認する

まずは体調がわるくないか、ケガをしていないかを確認しましょう。

「いきたくない」と言われると、ついつい心の問題かな?と思ってしまいがち。
ですが意外と体調不良が理由のこともあります。

長女が年長さんのころ「やすみたいなぁ」と遠慮がちに言ってきました。よくよく聞いてみると、成長痛で歩きつづけると足が痛いという理由でした。

年長さんくらいになると理由をおしえてくれますが、小さい子ほど体の不調をうまく伝えられないもの。

まずは病気やケガの確認をしてみてください。

対処法②「いきたくないこともあるよね」と共感する

体調やケガが原因ではないときは、気持ちの問題かもしれません。

いろいろと聞きたい親心をおさえて、
「いきたいないこともあるよね」「イヤだなっていう気持ちもわかるよ」
と、子どもの気持ちに共感してあげましょう。

子どもは共感してもらえると、ママは自分をわかってくれたと感じます。

すると、たかぶった感情が落ち着きますし、親子の信頼関係もさらによくなりますよ。

対処法③イヤな理由を子どもに聞く

まずは行きたくない気持ちに共感し、子どもの感情が落ち着かせます。

子どもが落ち着いてから、行きたくない理由を聞きましょう

先生やお友だちとの関係が原因だったり、苦手な活動(発表や運動など)があったりするかもしれません。

「幼稚園・保育園イヤ!」のうらには、子どもなりの理由があるものです。

対処法④先生に園での様子を聞く

子どもに聞いても、登園拒否の理由がでてこない・よくわからないこともあるかもしれません。

そのときは、園の先生へ相談するのがおすすめです。

連絡帳・お手紙・電話・お迎えのときなど、ママが伝えやすい方法で相談してください。

園での様子を教えてくれますし、声かけなどのアドバイスをしてくれることもありますよ。

先生も、家庭での子どもの様子やママの気持ちを知りたいと考えているそうです。
先生に相談することで、家と園の連携をとるきっかけにもなりますね。

対処法⑤たのしみを用意する

子どもがよろこぶ「ごほうび作戦」もおすすめです。

園から帰ったあとだけの、特別なお楽しみを用意しましょう。

わが家はスタンプを使いました。
帰宅したら、カレンダーにキャラクタースタンプをおしてもらいます。

ごほうびスタンプを押す
\がんばりが一目で分かる/

カンタンな方法ですが、これがけっこう効くんです!

それでも登園しぶりが強い日は、次女の手にスタンプをおして登園することも

大好きなキャラクターといられるので、少し心強かったようです。


ミニポンスタンプ ピカチュウ(Amazon)

ママによゆうがあれば休ませてもいい

ママの予定や気持ちによゆうがあれば、お休みの選択もアリです。

休みグセがつかないか心配なら、次の登園をお約束してから休ませます。
ママとの約束なので、がんばって守ろうとしてくれますよ。

子どものからだと心にパワーがたまったら、また登園できるようになるでしょう。

登園拒否で休ませる・休ませないの基準についてまとめていますので、こちらも参考にしてください。
≫子どもが登園拒否。休ませる?休ませない?判断基準と登園拒否への対処法

まとめ

子どもなりに行きたくない理由があるとはいえ、登園拒否をされるとママはあせりますよね。

登園拒否への対処法
  • 具合が悪くないか確認する
  • 「いきたくないこともあるよね」と共感する
  • イヤな理由を子どもに聞く
  • 先生に園での様子を聞く
  • ママによゆうがあれば休ませてもOK

子どもに泣かれるとツライですが、笑顔で登園できる日をめざして子どもによりそいましょう。

まずは体調確認と、行きたくない気持ちに共感する

フミカ
フミカ

ママはド~ンとかまえておくのが一番です!

登園拒否には絵本の読み聞かせもおすすめです。
子どもの「ようちえんイヤー!!」という気持ちを代弁してくれますよ。

保育園に通っているお子さんには、幼稚園を保育園におきかえて読んでくださいね。

フミカ
フミカ

実際に娘に読み聞かせをした、登園拒否におすすめの本を集めました

タイトルとURLをコピーしました