このサイトにはプロモーションが含まれます

手づかみ食べ・スプーン・箸の練習はいつから?おすすめの時期【手の発達】

手・体のそだち

子どもが自分からご飯に手をのばしはじめると気になる「ごはんの食べ方」。
このような悩みはありませんか?

  • 手づかみ食べって必要なの?
  • スプーンはいつから持たせるの?
  • スプーンの持ち方、合ってる?
  • いつから箸を持たせるの?
  • 園で箸を持たせるよう言われたけれど、まだ無理そう…

スプーンやお箸の持ち方を教えるのは大変ですよね。
また、何歳から教えたらいいか分からない人も多いかもしれません。

最近では、年少さんクラスから箸をはじめる園もあります。
「うちの子まだ箸持てないのに…」と焦るママも多いでしょう。

元小児分野の作業療法士として、たくさんのママやパパへ「ごはんの食べ方」について説明し、身に染みて感じたこと。
それは、子どもの手の発達に合わせる大切さ。

フミカ
フミカ

手の発達のようすから、練習開始の時期を決めましょう。

今回は、

  • 手づかみ食べ・スプーン・箸にとりくむ時期
  • 練習開始におすすめの目安や合図

についてお伝えします!

手づかみ食べは「離乳食後期」から

手づかみ食べは「離乳食後期(9ヶ月ごろ)から1歳」までの間に始まる子が多いです。
個人差が大きいので、だいたいの目安にしてくださいね。

以下のような様子がみられたら、手づかみ食べスタートの合図です。

手づかみ食べの合図
  • しっかりとモグモグごっくんできる
  • ご飯をじっと見つめる
  • お皿やスプーンに手をのばす
  • スプーンにのったご飯にさわろうとする
  • イスにすわっていられる
フミカ
フミカ

赤ちゃんがご飯に手を伸ばしたら、手づかみ食べのはじまりです。

なかなか手づかみ食べをしなくても、焦らないでくださいね。
無理にさせるよりも、この時期は「楽しい食事の時間」を過ごすことを意識しましょう

手づかみ食べのメリットや取り組み方については[手づかみ食べは手の発達に効果大!メリットと嫌がる子への対処法]にまとめています。

スプーンに興味をもったら練習開始

手指の発達は「小指から」すすみ、握り方は「手全体で握る→指で持つ」へとかわります。

1歳から1歳半くらいから、スプーンに興味をもつ子がでてくるでしょう。
そして、4歳半から6歳ごろにかけて、スプーンの持ち方が完成します。

以下のような様子があるか確認してみてください。
スプーンの練習を始める時期の目安になりますよ。

スプーンを持ちはじめる目安
  • スプーンを口に入れるのをイヤがらない
  • おもちゃを握る・離すがスムーズ
  • スプーンに手をのばす
フミカ
フミカ

スプーンに興味があれば持たせてみましょう。

赤ちゃんがはじめて自分で持つスプーン選びは、にぎりやすい・食材がすべりにくい・口に入れやすい大きさがポイント。
3点とも満たしているエジソンのスプーンがおすすめです。

スプーンの持ち方の発達

スプーンの持ち方には「4つのステップ」がありますが、年齢や手の発達により個人差が大きいです。
ここではカンタンに、スプーンの持ち方の発達をご紹介しますね。

ステップ①わしづかみで握る
年齢:1歳~1歳半

回内かいない握り>とも言います
回外かいがい握り>とも言います

ステップ②親指の動きが出てくる
年齢:2~3歳ごろ

手指回内しゅしかいない握り>とも言います

ステップ③持ち方が上手になる
年齢:3歳半~4歳ごろ
持ち方はキレイですが、指の動きはみられない時期。

静的三指せいてきさんし握り>とも言います

ステップ④スプーンの持ち方が完成!
年齢:4歳半~6歳
キレイに持ちながら、うまく指を動かしてすくえる。

動的三指どうてきさんし握り>とも言います

スプーン練習のコツ・発達・イヤがるときは、[スプーンの持ち方の練習スタート!持ち方の発達&おすすめの練習方法]の対処法を参考にしてください。

箸の練習は指の動きが上手になってから

3歳すぎから箸の練習を始める子が多いようです。
そして箸が上手に持てるのは、年長さんごろだと言われています。

練習を始める時期に決まりはありません。
箸を持つのに重要なのは「指の動き」が発達しているかです。

以下のチェック項目を確認してみてください!箸の練習を始める時期の目安になります。

箸に取り組む合図
  • 箸に興味がある
  • スプーン・鉛筆が上手に持てる
  • 1~5の指数字ができる
  • 指でピストルやチョキがつくれる

子どもが1本ずつバラバラに指を動かせるかがポイントです。
「指の発達」がすすんで、子どもが箸に「興味」をもったら練習をはじめてみましょう。

箸のえらび方や、持ち方がどんどんうまくなる練習方法はこちらをお読みください。
箸の練習はいつからするの?練習のすすめ方が丸わかり

まとめ

手づかみ食べ・スプーン・箸の練習をはじめる時期についてお伝えしました。

練習をはじめる目安
  • 手づかみ食べは9カ月ごろから
  • スプーンは1歳ごろから
  • 箸は3歳ごろから

重要なのは「子どもの興味」と「手・指の発達をチェック」することです。

スプーンや箸の持ち方が上達するには、個人差が大きいもの。
焦って練習をすすめると、クセのある持ち方になることもあります。

「楽しく取り組めること」を忘れずに、
子どものペースで取り組んでくださいね。

タイトルとURLをコピーしました