このサイトにはプロモーションが含まれます

1歳ごろ:スプーンの持ち方の練習スタート!持ち方の発達&おすすめの練習方法

手・体のそだち

離乳食後期になると、そろそろスプーンを持たせた方がいいのかなと考えますよね。
でもいつから始めようか、どうやって練習したらいいのか。スプーン練習の取り組み方に悩んでいませんか。

フミカ
フミカ

スプーン練習のコツを公開します。

今回は、

  • スプーンの練習をはじめる時期
  • スプーンの持ち方の発達
  • 練習のコツ
  • イヤがるときの対処法
  • すくいやすいメニュー

についてご紹介します。

スプーンの持ち方の発達や子どもがイヤがるときの対処法を知っておくと、気持ちに余裕をもってスプーンの練習にとりくめますよ。

手先を器用にするなら「おもちゃで遊びながら」がいちばんです。
1歳の発達をのばすおもちゃ選びは、1歳さんへの超おススメおもちゃを参考にしてくださいね。

スプーンに興味をもったら練習開始

1歳から1歳半くらいから、スプーンに興味をもつ子がでてくるでしょう。
そして、4歳半から6歳ごろにかけて、スプーンの持ち方が完成します。

以下のような様子がみられたら、スプーンの練習をはじめてみましょう。

スプーンに挑戦できるかな?
  • スプーンを口に入れるのをイヤがらない
  • おもちゃを握る・離すがスムーズ
  • スプーンに手をのばす

手づかみ食べをイヤがるものの、スプーンま持とうとする子もいます。

その場合は、むりに手づかみ食べをすすめなくても大丈夫です。
スプーンを持たせてもよいでしょう。

手づかみ食べが苦手な子の対処法は[手づかみ食べのメリットと嫌がる子への対処法]を参考にしてくださいね。

スプーンの持ち方の発達

スプーンの持ち方には「4つのステップ」がありますが、年齢や手の発達により個人差が大きいです。

スプーンが持てるまでのステップ
  1. わしづかみで握る
  2. 親指の動きが出てくる
  3. バキューンもち
  4. スプーンの持ち方が完成!
フミカ
フミカ

最初はスプーンに慣れることからスタートします。持ち方がヘン…と悩まないでくださいね。

ちなみに私はエジソンのスプーン&フォークを使わせています。
柄のくぼみが手にフィットしてもちやすいので、キレイな持ち方が身につきますよ。

これからお伝えする持ち方の写真で使っているスプーンもエジソンです。

ステップ①わしづかみで握る

年齢:1歳~1歳半
2つの持ち方があり、どちらの握り方をするかは子どもによります。

1.【手掌回内(しゅしょうかいない)握り】

上からにぎる、手掌回内握り
手のひらを下に向けることを「回内(かいない)」といいます。

2.【手掌回外(しゅしょうかいがい)握り】

下からにぎる、手掌回外握り
手のひらを上に向けることを「回外(かいがい)」といいます。

どちらもスプーンをわしづかみして、食器に押しあてながらすくう食べ方です。

ステップ②親指の動きが出てくる

年齢:2~3歳ごろ
【手指回内(しゅしかいない)握り】

ステップ①に似ていますが、手指回内握りは親指の動きが出てくるのがポイント
指の発達が進んでいる証拠です。

「バキューン持ち(ステップ③)」のチャレンジをはじめてみましょう。

ステップ③バキューンもち

年齢:3歳半~4歳ごろ
【静的3指(せいてきさんし)握り】

「親指・ひとさし指・中指」の3指で持つ握り方です。
まだ指先のこまかい動きはむつかしいです。
手首や肘の動きでスプーンを使います。

ステップ④スプーンの持ち方が完成!

年齢:4歳半~6歳
【動的3指(どうてきさんし)握り】

ステップ③と同じく、親指・ひとさし指・中指の3指で持つ握り方
指先を上手に動かし、ついにスプーンを使いこなせるようになります!

スプーン練習をすすめるコツ

練習をはじめるときのコツは以下の4つです。

  1. パパママがスプーンを使うお手本を見せる
  2. スプーンをさわらせて慣れさせる
  3. 食べ物をすくってから渡す
  4. 「バキューン持ち」にもチャレンジ

これから、それぞれのコツについてお伝えしますね。

①パパママがスプーンを使うお手本を見せる

まずは、パパママがスプーンを使っているのを見せましょう。
使い方のイメージがわきます。

②スプーンを触って慣れさせる

次に、子ども用のスプーンをさわらせます。
もち方を気にせず自由に持たせてあげてください。

触って慣れることが、スプーンの上達にちかづきます!

スプーンでスポンジをすくうなどの遊びもおすすめです。

③食べ物をすくってから渡す

自分ですくうのはむつかしいです。
スプーンですくうのはパパママがしてあげましょう

スプーンが難しいときは、フォークも使ってみてください。食べ物を口まで運びやすいので、子どものイライラが減りますよ。

子どもがやりたそうなら、手をそえてあげるといいですね。

④バキューン持ちにチャレンジ

2歳ごろからは(すくうのがうまくなってきたら)、バキューン持ちにも挑戦してみましょう

「バキューン持ち」とは、親指と人差し指でピストルの形を作ってからスプーンを握らせる方法です。
指を別々に動かす練習にもなりますし、「バキューン」の響きが子どもにウケます。

スプーンをイヤがるときの対処法

スプーンを持ちたがらなくなったときは、以下の対処法を参考にしてみてください。

  1. パパママが口に運んであげる
  2. 食材を小さく切る

これから、それぞれの対処法について説明していきますね。

対処法①パパママが口に運んであげる

子どもがスプーンの練習をイヤがるときは、むりに持たせなくてもいいですよ。
大人がたべさせてあげたり、パパママが美味しそうにご飯を食べる姿をみせたりしてくださいね。

対処法②食材を小さく切る

スプーンをもちながら「手づかみ食べ」をしようとするときは、食材の大きさを再確認しましょう。
食べ物が大きいのかもしれません。
食べ物を小さく切りなおし、もう一度スプーンですくうのを手伝ってあげてください。

すくいやすいメニュー

はじめてのスプーン練習には、トロっとした食べ物がすくいやすいです。

  • あんかけお粥
  • ヨーグルト
  • シチュー
  • 野菜のペースト …など

トロミがあると、スプーンがふれただけで食べ物がくっつきます。
うまくすくえない時期はトロミを活用しましょう。

安定してすくえるようになったら、少しずつ固形の食べ物にしていきます。
すくう感覚がわかりやすいので、トロミをへらしたお粥がおすすめです。

初めての練習におすすめのスプーン

スプーンの練習をはじめるにあたって、おすすめのスプーンをご紹介します。

スプーン選びのポイント
  • 握りやすい形・大きさ
  • すくう部分が幅広
  • 口に入れやすい大きさ

①EDISONmama(エジソンママ)

持ち手のくぼみが赤ちゃんの小さな手にフィットしやすいです。
このくぼみのおかげで、教えなくてもすくう面を水平にして持てました。
バキューン持ちをするときもくぼみがフィット!

すくう部分が小さく一度にたくさん食べられないので、食いしん坊のわが子は急いで食べようとすることも。
けれどもすくう部分の先端が四角いので、カンタン食べ物をすくえて嬉しそうでした。

ケースつきなのでお出かけにも持っていきやすいですよ。

②EDISONmama(エジソンママ)角度つき

持ち手とすくう部分の間に角度がついています。
スプーンを持ち始めたばかりの、手首の動きがぎこちない子でも使いやすいです。

すくう部分が小さいので、初めて持つ子にはおすすめです。
すくうのが上手になったら、①のエジソンママのスプーンなど、別のスプーンを検討してくださいね。

右手用と左手用が選べるので、子どもの使いやすそうな方の手にあわせて選べるのはうれしいポイント。
左手用はこちら

スプーンから箸へ

スプーンが上手になってきたら、箸の練習がスタートします。
「箸の練習はよく分からない」と不安になるかもしれません。

練習をはじめる時期や子どもにあった箸のえらび方をチェックしておくと、気楽に取り組めます。

フミカ
フミカ

スプーンも箸もいっしょにがんばりましょう!



箸をもち始める時期についてまとめています。
手づかみ食べ・スプーン・箸の練習はいつから?

エジソン箸の疑問解決(やめ方・使わせてもいいか判断する方法など)はこちらから。
エジソン箸は使わない方がいい?

まとめ:興味が出たらスプーンをもたせる

1歳ごろになるとスプーンに興味をもつ子がでてきます。
そのときがスプーン練習の始めどきです。

スプーン練習のときは、以下の4ステップを参考にしてください。
子どもの持ち方と各ステップの写真を見比べると、スプーンの持ち方が完成するまでの流れがわかります。

スプーンが持てるまでのステップ
  1. わしづかみで握る
  2. 親指の動きが出てくる
  3. バキューンもち
  4. スプーンの持ち方が完成!

1歳児さんの発達をグーンとのばしてくれるおもちゃを集めました。
ぜひ参考にしてくださいね。

各年齢のイチオシおもちゃもチェックしてみてくださいね。
0歳1歳2歳3歳

タイトルとURLをコピーしました