このサイトにはプロモーションが含まれます

【寝かしつけ→1人寝成功】今日からできる3~6歳向けの方法7選

子育ての悩み

赤ちゃんむけのネントレ情報はたくさんありますが、3~6歳むけの方法はすくないですよね。

ママ
ママ

3歳の子の寝かしつけをもうやめたい

1人で寝てくれる方法ないかしら…

このようなお悩みを解決する方法と、ネントレグッズをご紹介します。

3・4歳ごろになると想像力が発達し、暗闇・ひとりでいること・空想上のものをこわがるようになるとのこと。

フミカ
フミカ

この時期のネントレでは、暗い部屋で寝る不安をとりのぞくのが大切です

1人寝を成功させる方法として、

についてお伝えします。

「寝室だいすき!ひとりで寝れるよ!」
と言ってくれるよう、安心して寝られる環境をつくりましょう。

①お気に入りのぬいぐるみと寝る

1人寝の鉄板といえば「ぬいぐるみ抱っこ」。

ママのかわりに、お気に入りのぬいぐるみやクッションがあれば安心度がアップします。

ぬいぐるみは大きめで抱きしめやすいサイズがおすすめです。

ぬいぐるみに囲まれている枕元▼

カベに星の蓄光シールを貼ってます

娘がイチバン気に入っているのは、本物とほぼ同じサイズのネコのぬいぐるみです。

小さいぬいぐるみより、抱きしめがいがある大きさの方が安心すると言っていました。

フミカ
フミカ

ぬいぐるみを抱きしめて寝る姿、すっごくかわいいですよ

≫抱っこサイズのフワフワぬいぐるみを見る

≫ぬいぐるみタイプの抱きまくらを見る

②寝室をかわいくデコレーション

暗くて心細くなりがちな寝室を、デコレーションでたのしい場所にかえましょう

夜にたのしめる飾りつけといえば、暗い場所で淡くひかる「蓄光シール」。

寝る前に5分くらい部屋を明るくしておくだけで、そのあとの暗闇がたのしい空間になりますよ。

100均にもありますが、サイズが小さいのがネックなんですよね。

フミカ
フミカ

せっかくなら大きいデザインを貼りましょう♪

暗い部屋でこそたのしめるので、寝室に行くのが楽しみになりますよ。

≫カッコいい海外風おしゃれな蓄光シールはこちら

≫心がトキメクかわいい系の蓄光シールはこちら

③豆電球や手元ライトをつける

蓄光シールやぬいぐるみがあっても暗さをこわがるときは、小さな明かりをつけましょう。

薄明りには「蛍光灯の豆球」や「明るさの調節ができる手元用ライト」がおすすめです。

手元用ライトは遊んでしまいがちですが、楽しい気分で寝られるのでたまに使ってみてください。

フミカ
フミカ

気分をかえるだけでスッと寝てくれることも

わが家にあるたまごライトは、夜泣きや夜の授乳時期から重宝しています。

明るさの変更や、ライトの色(白色からオレンジ系の色)の調節ができて便利です。

④ドリームスイッチで寝室から出てこさせない

1人寝をさせても、最初のうちはなにかと理由をつけて出てくることも。

子どもがずっと寝転んでいたくなる工夫をしましょう。

「おやすみ」してから寝つくまでのサポートなら「ドリームスイッチ」がイチオシです。

天井にうつるおだやかな映像に、子どもの心はわしづかみ。

フミカ
フミカ

ひとりで寝転ぶ寂しさがふっ飛びます

ただし、ドリームスイッチがたのしくて寝てくれなくなることも。
そのときは数日ほど様子をみてください。
興奮が落ち着くので、映像をみながらでも寝られるようになるそうですよ。

寝室を楽しい場所にかえるキッカケづくりには、蓄光シール

そして寝つくまではドリームスイッチにがんばってもらいましょう!

セガトイズ ディズニー&ピクサーキャラクターズ
¥22,000 (2023/06/02 22:31時点 | Amazon調べ)

⑤絵本で一人寝のイメージトレーニングさせる

いつもママと一緒に寝ていた子が1人で寝るのは不安なもの。
子どものドキドキによりそい、そっと背中をおしてくれる絵本を読んであげましょう。

この時期の子には「スーちゃん おやすみなさい」がぴったりです。

フミカ
フミカ

数少ない、3~6歳むけのネントレ絵本です

寝る前にゆっくりと絵本を読み聞かせ、子どもの不安をとりのぞいてあげましょう。
1人寝を応援するママの気持ちも届きますよ。

アリーナ・サーナイテ (著), おびか ゆうこ (翻訳)
¥1,100 (2023/04/26 21:48時点 | Amazon調べ)

⑥がんばったねシール作戦

「がんばったねシール作戦」も効果的です。
シールを貼るのは1人で寝つけた(がんばった)翌日の朝。

自分の努力が目に見えてわかるので、子どものやる気があがりますよ。

用意するものは、ごほうびシールとシール台紙だけ。
シール台紙は手書きで十分です。

達成感がえられるよう、はじめは5回くらいでゴールできる台紙をおすすめします。

フミカ
フミカ

たまにスタンプを登場させると、さらにモチベーションがアップしますよ

⑦朝起きたらママのギュー!

3歳以降の脱・寝かしつけでいちばん大切なのは、ママにほめられること。

朝おきたら「1人で寝れてえらかったね!」とほめてギューッと抱きしめてください。

子どもはホッと安心しますし、がんばってよかったなと感じるでしょう。

ママのハグは子どもにとって1番のごほうびです

まとめ:うまくアイテムをつかって一人寝を応援しよう

3~6歳ごろの子の脱・寝かしつけは、暗さや夜への怖さをなくすことがカギです。

「安心して眠れる部屋づくり」と「やる気が出るごほうびを用意」して、1人寝を応援しましょう。

寝かしつけをやめて1~2週間くらいが、泣いたり部屋から出てきたりと大変な時期です。

けれども子どもなりに頑張ってくれます!

子どもが安心して1人寝できるよう、今回ご紹介した方法でサポートしてあげてくださいね。

4歳と6歳の寝かしつけをやめたときの体験談をまとめています。
泣いたり部屋から出てきたりと大変ではありましたが、2週間で成功しました。
≫【4歳6歳】寝かしつけはいつまで?もうやめた!泣く子が1人で寝るためのコツ

タイトルとURLをコピーしました