このサイトにはプロモーションが含まれます

体幹を強くするなら運動おもちゃで遊ぼう!姿勢・運動神経をよくする4つのおもちゃ

おもちゃの力

運動おもちゃをお探しのあなたのお子さんに、こんな様子はみられませんか?

  • 食事や勉強中の姿勢がわるい
  • すぐ机に肘をつく
  • 運動あそびが苦手そう
  • イスに座ると立てひざをする

これは体幹の弱さボディイメージのあいまいさが関係しているかもしれません

姿勢くずれが気になる・運動神経をよくしたいなら、運動系おもちゃ(スポーツトイ)の活用をおすすめします。

今回は、

についてお伝えします。

フミカ
フミカ

私が実際に使っている2種類のマットも紹介します。

おしゃれで機能性もバッチリなトランポリンや、トンネル、ボールプールなどを集めました。

姿勢や運動神経がいい子を目指して、お家で子どもの体づくりをしてくださいね。
さらに、いっしょに遊んでパパ・ママの運動不足も解消しちゃいましょう!

スポーツトイを選ぶポイント

スポーツトイは大きい物が多いので、購入後は室内に置いたままになります。

長く遊べるよう、運動発達の効果はバツグンで、お家に置きやすいデザインのものを選ぶとよいですよ。

今回ご紹介する運動おもちゃは、以下のポイントをおさえたものを選びました。

  • 子どもがケガをしにくい
  • しがみつく動きがある
  • 全身をつかう
  • バランスの練習ができる
  • 置きっぱなしでも圧迫感すくなめ
  • 「オシャレ~」と言われるデザイン

お家の中で場所をとるものなので、インテリアになじむデザインかをチェックするのもお忘れなく。

姿勢や運動神経をよくするには、正しいボディイメージを育てること。
ボディイメージについては、ボディイメージを育てて子どもを器用にしよう-「できる」をふやす遊び方!で詳しく解説しています。

おすすめ①トランポリン

トランポリンをとぶほど体の軸がまっすぐになる!

運動不足の解消にもピッタリなスポーツトイです。

トランポリン
ねらい●姿勢を保つ筋肉を育てる
●バランスを保つ
●目の使い方がよくなる
●うごきたい気持ちを満たす
ポイント●背中を伸ばす
 「背中をピシっとしようね」と声をかける
遊び方●目印の場所でジャンプする
●ジャンプしながらママとタッチ
●足でグーチョキパー
●ぬいぐるみを抱きしめてジャンプ

ジャンプのあとは心と体がスッキリします。
ですので、お勉強や工作などのイスにすわって行う活動にとり組みやすくなる効果も

ケラッタ トランポリン

グッドポイント
  • バネが入っているので小さくてもよくはねる
  • キマに収納できるので部屋が片付く
  • 出しっぱなしでもクッション代わりになる
  • カラーバリエーションが豊富

いまいちポイントは「真ん中に着地しないといけない」点。

着地面がせまいので、こけやすい子や運動が苦手な子はとびにくいかもしれません。

コンパクトでもよく跳ねる物をお探しの方向き

子どもって小さい台が好きですよね。
ちょっと人形を置いたり。ままごとの食卓にしたり。

ケラッタのトランポリンは50センチの正方形なので、出しっぱなしにしてもジャマになりません。
ジャンプはもちろん、子どものごっこ遊びの道具としても活躍してくれます。

金属バネが入っているので、肝心のジャンプ力はバッチリですよ

ケラッタ
¥8,980 (2024/04/19 11:16時点 | 楽天市場調べ)

ジャンピングボード

グッドポイント
  • 着地の音が小さいので騒音になりにくい
    ┗プシュプシュと空気の音がするだけ
  • 子どもと一緒にとべる
  • 足場が広いので着地時の安定感がバツグン

いまいちポイントは「ジャンプ力が今ひとつ」な点。

空気入れのようなジャバラ足のため、金属バネのものよりジャンプ力が劣るんですよね。
パパやママが一緒にジャンプすると結構はねるので、親子のコミュニケーションと思ってがんばってください!

大きめサイズで騒音になりにくいトランポリンをお探しの方向き

ジャンプ面が大きく着地がしやすいので、2歳前後やトランポリンデビューの子におすすめです。

折りたたみトランポリン

グッドポイント
  • ゴムバンドだから指をはさみにくい
  • ちかくの家への騒音を気にせずに遊べる
    ┗図書館内くらいの40dbくらい
  • ジャンプ力はピカイチ
  • カバーが11色あるので部屋になじむ色を選べる
  • カバーや脚の交換が可能
    ┗キレイなまま長く使えるので本体を買い替えなくてよい

いまいちポイントは「部屋の一角をしめる大きさ」。

折りたためますが、毎回たたんだり広げたりは大変です。
基本的には広げたまま置くか立てかけることになるので、置く場所をよく考えた方がよいです。

一軒家や音が気にならない環境の方向け

安全で思いきりジャンプできるトランポリンを選ぶなら、MRGのものを選ぶのが間違いないでしょう。

おすすめ②トンネル

ハイハイは運動の発達に効果バツグン!

せまい空間をハイハイで移動してあそぶおもちゃです。

トンネル
ねらい●体のサイズ感を身につける
●ハイハイで手のひらを刺激する
●手足を同時にうまく動かす
●姿勢を保つ筋肉を育てる
●イライラをおちつかせる場所として活用
遊び方●ハイハイで通りぬける
●ぬいぐるみを反対側へはこぶ
●うす暗い中で気持ちを落ち着かせる

トンネルに合わせてかがむ動きにより、ボディイメージがそだちます

またハイハイをするために手足をうまくうごかすうちに、身のこなしもよくなりますよ。
(手足をうまくうごかすことを「協調動作」といいます)

IKEA イケア プレイトンネルがイチオシです。

グッドポイント
  • 骨組みが丈夫でヘタリにくい
  • 生地にハリがあるのでスムーズにハイハイができる
  • たたんで収納できる
  • ワイヤー部分にクッションがついているため、踏んでも痛くなりにくい

いまいちポイントは「メッシュ部分がない」点。

トンネル内にいるときに姿が見えないので、コミュニケーションがとりにくいです。
ただトンネルで大切なのは「ハイハイのしやすさ」ですので、そこまで気にしなくてもよいでしょう。

こちらのトンネルは、IKEAのブーサ テントといっしょに使えます。
付属のマジックテープでつなげられるので、おままごと秘密基地としても大活躍

テントは必要なときに買い足すとよいでしょう。

IKEA(イケア)
¥3,440 (2023/03/13 09:32時点 | Amazon調べ)

おすすめ③ジャングルジム

しがみつく動きでインナーマッスルが育つ!

ジャングルジムは手足を交互にうごかしてのぼり降りする遊具です。

ジャングルジム
ねらい●しがみついて姿勢を保つ筋肉を育てる
●手足を同時にうまくうごかす
●からだの大きさを知る
●バランス感覚がそだつ
●柔軟性がアップ
遊び方●何段目までのぼれるかチャレンジ
●ぶら下がってキープする
●「この棒は右足だけ」
 など動きに制限のあるルールをつくる

のぼり降りをくり返すうちに、空間で体を自由にコントロールする力が身につきます
全身を思いきり動かしながらあそびましょう。

ピープル 白いわんぱくジム

グッドポイント
  • 4段目までのぼれるので、小学生になっても楽しめる
  • 成長に合わせて7パターンも組み替えられる
  • すべり台が長くてよく滑るのでたのしい
  • メインカラーが白色だからインテリアになじみやすい

いちおしポイントは、ほかの種類のジャングルジムよりも1段高いこと。
手足を順番にうごかす練習がたっぷりできます

いまいちポイントは「置く場所が広くないといけない」点。

白いわんぱくジムは折りたためません。
出しっぱなしになるので、置く場所の確認をしておく方がよいです。

ピープル
¥15,100 (2023/03/10 13:02時点 | Amazon調べ)

折りたためるジャングルジム

マンションなどの集合住宅に住んでいる方は、折りたためるタイプもおすすめです。

白いわんぱくジムと同じようなホワイトカラーなので、圧迫感がグッとへりますよ。
来客時にたためば、あっという間にスッキリしたお部屋にむかえられます。

幅がひろい階段がついており、歩きはじめの子でもあそびやすいデザインです。

おすすめ④バランスストーン

引用:Amazon

バランスをとる練習と体幹の強化は相性◎!

ならべた石の上を、落ちないようにバランスをとりながら歩くおもちゃです。

バランスストーン
ねらい●バランス感覚がそだつ
●落ちないよう姿勢を保つ
●慎重にうごく練習
遊び方●2列にして競争する
●落ちないようにぬいぐるみを運ぶ
●魚釣り遊びの足場にする

ほかの遊びの足場として設置すれば、自然にバランス遊びを取り入れられます

グッドポイント
  • すきなコースがつくれる
  • カラフルで認識しやすい
  • 足場として設置することで、自然にバランスの練習をとり入れられる

いまいちポイントは「表面のデコボコ」。

足のうらが敏感な子が歩くと「いた~い」となるかもしれません。
その場合は靴下をはかせればマシになると思います。

飛び石タイプのバランスストーンもあります。

石から石へピョンと飛びうつり、落ちないようにグッと体を支える。
動いたあとにピタッと止まらないといけないので、飛び石タイプの方がバランスをとるのが難しいです。

はじめは石から落ちてしまうかもしれませんが、だんだん落ちなくなってきます。
そしたらバランス&体幹が育ってきている証拠です!

また付属のすべり止めシートを使えば、ツルっと滑りやすい石をキュッと止まって立ちやすい石に変更できます。
2種類の石をランダムに配置して、足元を注意して見る練習にもつなげていきましょう。

こちらも他の遊びの足場として設置するのがおすすめです。カンタンに、遊びながら体づくりができますよ。

クッションマットをしいて全力で遊ぼう

クッションマットをしいてから、スポーツトイを設置するのをおすすめします。

床に傷がつかないように守ってくれますし、騒音防止にも役立ちますよ。

フミカ
フミカ

わが家はジョイントマットとクッションマットを使っています。

ジョイントマットはタンスのゲンの大判(59㎝)タイプ。

ジャングルジムはグラつくと危ないので、安定感のあるジョイントマットの上に設置しましょう。

\大きいからパパッと敷ける/

クッションマットは防音性を重視してえらびました。

大きな足音がする遊具の下には、クッションマットを敷くとよいです。
(トランポリン・トンネル・バランスストーンなど)

わが家では「Carre bebeのマット」が大活躍!

\クッション密度がピカイチ&厚さ4㎝/

Carre bebeのマットはサイズ展開が豊富です。
敷く場所にあったサイズのマットを選んでくださいね。

下の階の人に「足音聞こえないよ~」と言ってもらえた騒音対策は、賃貸なのに子どもの足音がうるさい!2つのマットで近隣トラブルを回避をお読みください。

※今回ご紹介したクッションマットの使用写真ものせています。

外遊びで体幹を強くする方法

もちろん外遊びにも、体幹やボディイメージを育てる環境がもりだくさんです。

  1. しがみつく
    • ジャングルジム
    • 木のぼり
    • 鉄棒
    • ターザンロープ
  2. よじのぼる
    • 木のぼり
    • ボルタリング
  3. 飛びはねる
    • けんけんぱ
    • 縄跳びをジャンプ
  4. 緩急のある動き
    • いろ鬼
    • たか鬼
    • ダッシュ&ストップ

お家ではむつかしいダイナミックな遊びができるのが公園の魅力。
屋内・屋外ともにたくさん体をうごかしていきましょう。

まとめ:スポーツトイで姿勢や運動神経をよくしよう

運動あそびは子どものボディイメージや体幹づくりに効果大!

今回は、バランス感覚・インナーマッスル・手足を同時にうまく動かすなど、運動発達的メリットがつまったおもちゃをご紹介しました。

お家でもたくさん体を動かして、姿勢や運動神経をよくしていきましょう!

スポーツトイが気になる。でも買うのはちょっと…
そんな時はレンタルがおすすめです。
こちらの記事では、レンタルサービスの紹介、価格・遊具の種類・キャンペーンなどを比較しています。
≫室内遊具はレンタルするのが正解!厳選4社の特徴&比較をたっぷりご紹介

タイトルとURLをコピーしました