このサイトにはプロモーションが含まれます

知育とは?⇒学習する能力(知能)をのばす教育のこと【わかりやすく解説】

手・体のそだち

幼児期の子育てでよく出会う「知育」という言葉。
字面から「子どもをかしこくする育て方かな」と想像できるかと思います。

けれど、いざ説明するとなると言葉につまりませんか?

ピースケ
ピースケ

知育ってなに?一言で教えてよ。

フミカ
フミカ

学習する力を育てることだよ。

知育とは「知能を育てる教育」です。

今回は、

  • 「三育」のひとつである知育とは
  • 幼児期に知育をとり入れる理由
  • 知育へのとり組み方
  • 年齢別の知育方法

について分かりやすく説明していきます!

「知育」の意味や取り組み方を知って、子どもにあった遊びやおもちゃを選べるようになりましょう!

知育とは三育のひとつ

知育は、はばひろい知識と心のゆたかさ(教養)を身につける教育のことです。

生きる力を身につけるために必要な「三育」のひとつに知育があります。

知育・徳育・体育はかさなり影響しあう
三育
知育考える力をのばす
思考力をそだてる
徳育道徳のこと
思いやりの心をはぐくむ
体育運動能力をそだてる
元気いっぱいな体をめざす

文部科学省は、知・徳・体の3つをバランスよく育てることが目標だとまとめています。
多くの場合、知・体・徳ぜんぶをあわせて「知育」とよんでいます

つまり、
言葉や体の使い方を知りながら(知)
元気いっぱいに成長し(体)
人とのコミュニケーションを楽しもうね(徳)
ということ。

フミカ
フミカ

知育は能力・知能・才能をそだてる教育というわけです。

ピースケ
ピースケ

知育=生きる力をそだてるってことね。

参考
「令和の日本型学校教育」の構築を目指して
徳育の意義・普遍性

幼児期に知育をとりいれたい理由

幼児期から知育をとり入れる理由は、将来にむけて子どもの可能性をそだて伸ばすためです。

そして知育効果が大きいのは0~6歳。
そのなかでも、脳がグングン発達し吸収力が高いのが3歳くらいまでと言われています。

AIが活躍しはじめた世の中で「AIじゃなくてこの人がいい」と言われる人間にならなければいけません。
2017年、英オックスフォード大学のオズボーン教授が「2030年に必要となるスキル」を発表しました。
その中には、知育で身につくスキルが複数はいっています。

2030年に必要な知育的スキル
  • 考える力
  • ゆたかな発想力
  • コミュニケーション力
  • 創造力

知育にとり組んで、これからの時代に必要なスキルを身につけたいものです。

知育にとりくむ方法

知育にとり組む方法は3つあります。

  1. 知育おもちゃや教材をつかう
  2. 知育アプリやゲームであそぶ
  3. 知育系の幼児教室に通う

カンタンに説明していきますね。

①知育おもちゃや教材をつかう

知育玩具や教材は、家庭での知育教育に向いています。
おもちゃや教材を選ぶときは、以下のことに注目してください。

  • 対象年齢をチェック
  • 伸ばしたいスキルかどうか
  • 子どもが楽しめそうか

体をうごかすのが好きな子なら運動系の玩具。
モノを作るのが好きな子には工作ワークなど。

子どもの興味にあわせて、安全にたのしく取り組めるおもちゃを選びましょう

②知育アプリやゲームであそぶ

スマホやパソコンでは、無料でたのしめる知育アプリが配信されています。
お出かけ先や移動中などでも、お手軽に知育ができると人気です。

アプリやゲームをさせるときは、以下の点に気をつけてくださいね。

  • 目が疲れるので時間を決めて遊ぶ
  • 声かけをしてコミュニケーションをとる

アプリやゲームは音楽や映像を楽しめる反面、つい夢中になってしまいます。
パパ・ママも一緒にとり組み、親子時間のひとつとして活用していきましょう。

③知育系の幼児教室に通う

知育系の幼児教室では、幼児教育のプロが教えてくれます。
幼児教室にかようメリットは以下の通りです。

  • 年齢・月齢別のカリキュラムがある
  • 声かけの仕方が参考になる
  • 同クラスの子との社交性が身につく

先生がいるので、安心して知育教育にとりくめます
各教室で月謝やプログラム内容がちがうので、興味があれば近くの教室を検索してみてください。

年齢別の知育内容

知育では成長にあわせた玩具や教材をつかいましょう。
各年齢にどんな経験させるのがよいか、以下の表にまとめています。

0~1歳みる(視覚)・きく(聴覚)・さわる(触覚)
感覚あそびをたのしむ
読み聞かせ・カラフルな絵本をみせる
ベビーマッサージなど

≫知育にぴったりなおもちゃを見る
 0歳向け1歳向け
2~3歳体を動かす楽しさをあじわう
指先を使うあそびで脳を刺激する
トランポリン・ボールプール・工作
積み木・パズルなど

≫知育にぴったりなおもちゃを見る
 2歳向け3歳向け
4~6歳文字や数字をとり入れる
カンタンなルールのあるあそびをする
ひらがなや数字の積み木・かるた
ごっこ遊び・すごろくなど

お子さんの年齢にぴったりな知育玩具を無料でもらえるキャンペーンを見つけました!

●0歳~5歳さん向け
●抽選で100名にあたる
●当たればかなりラッキー♪
●応募方法は②通り
 ・カンタン3分ライン友達登録
 ・さくっと1分メールアドレス入力
●レゴデュプロやくみくみスロープなど

≫グッドママ|知育玩具の無料プレゼント応募

知育にとり組むときのポイント

知育をするときは「たのしい」をモットーにとり組みましょう

楽しくないとやる気が出ませんし、成果もあがりにくいもの。
子どものイヤそうな顔をみるとパパ・ママもしんどくなってしまいますしね。

子どもはもちろん、家族みんなでたのしくあそびながら知育にとり組みましょう。

まとめ:子どもに合わせて楽しい知育を

知育とは生きる力を身につける教育です。

具体的には、
・考える力
・ゆたかな発想力
・コミュニケーション力
・創造力
を育てること。

知育玩具・教材・アプリ・知育教室などから、お子さんに合った方法を見つけてくださいね。
その際は「たのしく」「意欲的に」取り組めるものを選ぶようにします。

自分で物事を考えられる子を目指して、たのしく知育にとり組んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました