このサイトにはプロモーションが含まれます

【必読本】感覚統合遊びのプロになろう!作業療法士がすすめる7選【家族・支援者】

手・体のそだち

・感覚統合ってよくわからない。
・どんな遊びをしたらいいんだろう。
・もっと遊びのアイディアがほしい。
・子どもにあった遊びが知りたい。

なかなか遊びのアイディアが出てこず、どんな遊びをすればいいか悩んでいませんか。

この記事では、お家や施設・学校でできる感覚統合遊びの本をご紹介しています!

フミカ
フミカ

ご家族や先生に貸すと、後日購入されることが多かった本たちです

ピースケ
ピースケ

現場のお墨つきだね

感覚統合をするときは理解をふかめる本」と「アイディア本」を一冊ずつ持っておくと心強いですよ。

まず理解をふかめる本で感覚統合について知る。
そして実践場面で、アイディア本を頼りに取り組むのがおすすめです。

感覚統合を理解し、子どもの困りごとに気づいてサポートできるようになりましょう!

本の紹介の最後に、感覚統合療法を専門的にくわしく学べる本ものせておきます。

感覚統合遊びの理解をふかめる本

理解をふかめる本を読んで感覚統合について正しく学び、子どもの苦手さの理由を理解しましょう。

子どもにあった関わりや遊びができるようになると、子どもの発達がグングンのびますよ!

保護者向き

支援者向き

イラストでわかる「発達障害の子の感覚遊び・運動遊び」

読めばすぐ理解と実践ができる
療育分野の有名作業療法士が書いた本

この本がオススメの人
保護者
支援者

たっぷりのイラストで感覚統合の仕組みをイメージしやすい本書。
ご家族・かけだしの支援者に向いています。

発達障害の子の感覚遊び・運動遊びを読むと…
  • イラストをみて感覚統合の理解ができる
  • 「苦手さ」にどんな背景があるか分かる
  • スキンシップが多めの感覚統合遊びができる
  • スキマ時間を活用して遊べるようになる

本書を読めば、子どもの気になる行動の理由・関わり方が分かります

そして苦手さへのアプローチに必要なのは、努力やくり返し練習ではなく「子どもにあった支援」だと気がつくでしょう。

紹介されている遊びに特別な道具はいりません。
だっこでギュー、回転イスにのってクルクルなど。

すぐにできる遊びばかりですので、スキマ時間にも取り組みやすいですよ。

フミカ
フミカ

家庭・園・学校・施設にぜひ置いてください!

タイトル発達障害の子の感覚遊び・運動遊び
感覚統合をいかし、適応力を育てよう1
著者名木村 順
発売日2010年10月23日
ページ数102ページ

支援者なら最初に読もう「感覚統合Q&A」

専門家たちがもれなく最初に読む本
感覚統合の必要性・支援方法がわかる

この本がオススメの人
保護者
支援者

感覚統合の検査・評価方法、講習会、学会などの説明もあるので、支援者には1番最初に読んでほしい本です。

また、現在療育に通われているご家族にもおすすめします。

わが子のセラピー内容にどんな効果があるか理解できますし、家でおだやかに過ごすためのヒントや工夫がみつかりますよ。

感覚統合Q&Aを読むと…
  • 「気になる」の原因を見つけられるようになる
  • 見つけた原因への介入方法がわかる
  • 感覚や運動面のかたよりをみつける評価方法が学べる
  • 保護者に感覚統合ができるようになる
  • 感覚統合と脳の関係性が学べる

本書の1番のポイントは、困った行動の例と介入方法がのっていること

感覚統合Q&Aを読むことで…
「あの行動にはこんな理由があるんだ!」と分かる



子どもの気持ちが理解できる



子どもに合ったあそびや関わり方ができる



・子どもと信頼関係が築ける
・困った行動に変化がみられる

フミカ
フミカ

気になる行動を理解できる支援者になりたいならこの本

タイトル感覚統合Q&A 改訂第2版
子どもの理解と援助のために
著者名石井 孝弘
発売日2013年9月4日
ページ数250ページ
子どもの理解と援助のために
¥3,300 (2023/04/19 15:48時点 | Amazon調べ)

保育の質を高めたい園の先生には「発達が気になる子の感覚統合」

グレーゾーンの子との関係づくり
保育で子どもを視る目が確実に身につく

この本がオススメの人
保護者
支援者

発達が気になるグレーゾーンの子の保育に悩む、園の先生向けの本です。

発達が気になる子の感覚統合を読むと…
  • 保育で感覚統合をとり入れられるようになる
  • 園生活で気になる行動の理由がわかる
  • 適切な支援ができるようになり、保育の質が高まる
  • 子どもと良好な関係がきずける

本書によると、クラスの約3割は感覚の使い方につまずきがあるとのこと。

とは言え、本書には関わり方のハウツーはのっていません。

しかし、保育・療育の「なぜ?」を解消するためのアドバイスがたっぷりです!

「育てにくさ」「気になる」に「感覚統合の視点」で向きあう方法を教えてくれますよ。

また「感覚統合×保育遊び」もたくさん紹介されているので、すぐに保育場面に活かせます

フミカ
フミカ

気になるあの子の目をキラキラさせたくないですか♪

発達が気になる子の感覚統合を読んで、明日からの保育の質をグッと高めましょう!

タイトル保育者が知っておきたい
発達が気になる子の感覚統合
著者名木村 順
発売日2014年7月28日
ページ数128ページ

感覚統合の遊び方がつまったアイディア本

ここでは、感覚統合遊びのストックがふえるアイディア本をご紹介します。

たのしんでこそ感覚統合。

子どもにあわせた楽しい遊びができるスーパー先生になりましょう

感覚のかたより別の遊びがわかる「子ども理解からはじめる感覚統合遊び」

発達障害分野のエキスパートが監修
だれが読んでも理解&実践しやすい
今日からあなたも子どもの理解者

この本がオススメの人
保護者
支援者

写真やイラストで遊び方がわかりやすく、カンタンな言葉で説明されている本書。

イチから感覚統合を勉強し、今すぐ子どものタイプ別の遊びを知りたい人におすすめします。

子ども理解からはじめる感覚統合遊びを読むと…
  • 知識ゼロでも感覚統合が理解できる
  • 勉強会に行くレベルの知識が身につく
  • 子どもにあった支援の重要さが分かる
  • 子どもがよろこぶ遊びを実践できる

勉強会に行ったのかな?と思うほどの知識がつまっている本です。

なのに説明文がわかりやすい

さらに、必要な支援方法やあそび方までくわしく教えてくれる

と、本当によくまとまっているんですよね。

フミカ
フミカ

子どもの特徴別に遊びの紹介があるので読みやすいです

「感覚統合ってなに?」の人から支援者まで、子どもに関わる全ての人に読んでほしいです。

タイトル子ども理解からはじめる感覚統合遊び
著者名高畑 脩平, 萩原 広道,
田中 佳子, 大久保 めぐみ
発売日2019年6月13日
ページ数136ページ
保育者と作業療法士のコラボレーション
¥1,980 (2023/04/19 15:54時点 | Amazon調べ)

スモールステップが学べる「発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび」

遊びの段階づけを丁寧に解説
スモールステップこそ支援のコツ
安心して遊べる環境つくりの達人に

この本がオススメの人
保護者
支援者

いつもの遊びに感覚統合の要素をプラスした遊びが多いです。

子育て中のパパママ園の先生が読むのに向いています。

発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそびを読むと…
  • 遊びのコツや手順が具体的で、すぐマネできる
  • カンタンな説明文なので忙しくでもパッと読める
  • スモールステップのやり方がわかる
  • 安心して遊べる場所・設定がつくれるようになる

本書のグッドポイントは2つあります。

<グッドポイント①>

●苦手な活動への抵抗感をへらす介入方法がのっている

たとえば汚れが苦手な子と砂遊びをするとき
⇒コップを使う
⇒袋の上からさわる など

すこしずつ取り組める設定を作っていきましょう。

フミカ
フミカ

スモールステップは子ども支援の要です

<グッドポイント②>

●対処法のページに「ほかの場面でのようす」というチェックリストがある

子どもに感覚統合のかたよりがあると、さまざまな場面でうまくいかない様子がみられるもの。

チェックリストを確認することで、苦手な活動すべてをひろいあげる視点がみにつきますよ。

フミカ
フミカ

行動だけに目をむけがちですが、

行動の背景(原因)を理解したいですね

タイトル発達が気になる子の脳と体をそだてる感覚あそび
著者名鴨下 賢一
発売日2017年3月30日
ページ数184ページ
作業療法士がすすめる68のあそびの工夫
¥2,420 (2023/04/19 15:58時点 | Amazon調べ)

小学生の困りごとを解決「学校・家庭で楽しくできる発達の気になる子の感覚統合あそび」

学校生活の困りごとにはこの本
毎日あそべば子どもがかわる
お家療育にもピッタリな遊び方

この本がオススメの人
保護者
支援者

本書の対象は特別支援学校の先生とのこと。

とはいえ、先生だけでなくご家族が読むもおすすめです。

感覚統合の説明がカンタンで分かりやすく、毎日ムリなくできる遊びがのっていますよ。

学校・家庭で楽しくできる発達の気になる子の感覚統合あそびを読むと…
  • 不器用さの理由がよく分かる
  • 書写や音読など学校生活をサポートできる
  • 感覚統合をとり入れた授業が行える
  • のっている遊びはお家でもすぐにできる
  • 客観的にからだの使い方がチェックできる

学校や家で気になる「姿勢のくずれ」や「運動の苦手さ」など。

苦手さの理由と、それを改善する遊びがたっぷり42個のっています。

紹介されている遊びはお家でもできるカンタンなものばかりです。

感覚のかたよりをチェックする方法ものっているので、より正確に子どもの様子を把握できますよ。

フミカ
フミカ

学校生活での困りごとに、お家からもアプローチしていきましょう

タイトル学校・家庭で楽しくできる
発達の気になる子の感覚統合あそび
著者名川上 康則
発売日2015年5月1日
ページ数144ページ

たのしくあそんで感覚統合

ダイナミックに遊んでこそ感覚統合
100個のアイディアで

「先生もっとあそぼう」がとまらない

この本がオススメの人
保護者
支援者

部屋をめいっぱい使うドタバタ遊びが多いので、学校・園・施設で取り組むのに向いています

たのしくあそんで感覚統合を読むと…
  • 子どもが求めている感覚あそびを提供できる
  • 子どものもとめる感覚刺激を満たせる
  • 遊びのアイディアに困らない
  • ルールや人と協力する楽しさを教えられる

子どものタイプ別にどんな遊びがよいか分かりやすくまとめられています。

100個の遊びアイディアがあるので、これ一冊あればプログラム作りに困りません

個別支援はもちろん、グループ支援にもつかえる遊びがいっぱいです。

フミカ
フミカ

「たのしい!」と言われるグループ療育ができたのはこの本のおかげです

タイトルたのしくあそんで感覚統合
著者名佐藤 和美
発売日2008年2月1日
ページ数136ページ
手づくりのあそび100
¥2,200 (2023/04/20 11:20時点 | Amazon調べ)

本書は遊びのアイディアに特化しています。
感覚統合と遊びの関係を学ぶなら、理解を深める本をチェックしてくださいね。

感覚統合療法がより専門的に学べる本

感覚統合療法は奥がふかい世界です。

療育現場の作業療法士をはじめ、発達障害のあるお子さんへの支援をされている方は、もっとくわしく学びたいと考えるでしょう。

感覚統合療法の高度な知識を身につけるなら、こちらの専門書がイチオシです。

フミカ
フミカ

ちまたで有名な「SI(感覚統合)の青い本」と呼ばれるやつです

「感覚統合とその実践」が向いている人
  • これから感覚統合療法の世界に入る人
  • そこそこ(2~3年くらい)感覚統合療法にたずさわってきた人

とにかくとてつもないボリュームの本書。
・脳の仕組み
・用語の解説(索引あり)
・子どもの評価の仕方
・実践方法
が丸ごとのっています。

理論と根拠が学べるので、ご家族へ信用性のある説明ができますし、子どもの評価や観察をする視点がブレにくくなります

本書を読み専門家として、エビデンス(根拠)がある効果的な遊びを子どもたちに提供していきましょう!

フミカ
フミカ

感覚統合学会の推薦図書でもあります

まとめ:感覚統合遊びを本で学ぼう♪

感覚統合遊びの理解をふかめ、アイディアがふえる本をご紹介しました。

★感覚統合の理解をふかめる本

タイトル表紙特徴
発達障害の子の
感覚遊び・運動遊び
 ■イラストをみて感覚統合が理解できる
■道具いらずの遊びがすぐできる
感覚統合Q&A ■困っている子どもの理解者になれる
■評価や講習会の情報がのっている
発達が気になる子
の感覚統合
 ■保育場面での子どもの困りごとを解決
■園の先生むけガイドブック

★感覚統合の遊びのアイディア本

タイトル表紙特徴
子ども理解からはじめる
感覚統合遊び
 ■講習会レベルの知識が学べる
■遊び方の写真つきでわかりやすい
発達が気になる子の
脳と体をそだてる感覚あそび
 ■スモールステップのとり入れ方がわかる
■敏感タイプの子の支援にいかせる
学校・家庭で楽しくできる
発達の気になる子の
感覚統合あそび
 ■学校生活の困りごとを解決する
■毎日でもとりくめる遊びが多い
たのしくあそんで感覚統合 ■アイディア数なんと100個
■遊びのバリエーションはピカイチ

本を参考にして、子どもが必要としている遊び・たのしめる遊びをとり入れましょう!

フミカ
フミカ

表の特徴をみて、気になる本から読んでくださいね

今すぐ感覚統合について知りたい人は、感覚統合の仕組みをわかりやすくまとめた記事もお読みください。

タイトルとURLをコピーしました